贈り物手帖

スティーブ・ジョブズが生き続けていく訳 その2

ハングリーであれ。愚か者であれ

iPhoneの誕生から10年目を迎えます。今回のコラムはジョブスのモノづくりへのこだわりを、2005年6月12日のスタンフォード大学でのスピーチをもとに、後編を紹介いたします。~~スティーブ・ジョブズの命日にむけて~~

スピーチ文はこちら↓

ぶれないデザインへのこだわり

ジョブズは死についても語っています。「17歳の時にこんな言葉をどこかで読みました。『毎日が人生最後の日と思い生きなさい。やがて必ず最後の日がくるから。』それは僕にとってとても印象的な言葉でした。そしてそれから今日までの33年の間、僕は毎朝鏡を見ながら自らに問い掛けてきました。『もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることは、本当に自分がやりたいことなのだろうか。』その答えが「NO」である日が続くとしたら、何かを変える必要があるとわかるのです。 」
それは、生へのこだわりでもありました。「自分への期待、自分のプライド、屈辱や挫折への恐怖、これらの全ては死ぬことで消滅し、本当に重要なことだけが残されるからです。」
ジョブズにとって、生きるとはデザインにこだわることでもありました。「自分自身が死へ向かっているという覚悟は、僕の知る限り、『失うことへの恐怖感という落とし穴』を自ら除外するための最善策です。私たちはすでに裸なのです。自分の心に従わない理由があるのでしょうか。」

情熱でのりこえる

このスピーチの1年前に癌を宣告されています。
「医師は治療が不可能な癌の種類であることは間違いないと診断しました。余命は長くても3〜6ヶ月。主治医は僕に身辺整理のために家に帰ることを勧めました。『死の覚悟を準備をする』という医師の独特な言いまわしです。要するに、子どもたちに10年掛けてでも伝えたいことがあるならば、数ヶ月のうちに伝えなさい、という意味です。」
しかし、翌日の生検で、重大な癌でないことがわかります。
「喉から内視鏡を入れて、胃を通り腸に達していきます。そしてすい臓から癌細胞のいくつかが採取されました。僕は麻酔が効いていたので分かりませんでしたが、その場にいた妻に後で聞くと、顕微鏡で細胞を検査した医師が驚愕し叫んだそうです。とても珍しいすい臓ガンで、手術で直せるということでした。」
ジョブズは、手術を受け元気になったのです。

夜空に輝くぶっとんだ生き方

死に最も近づいた瞬間だったかもしれませんが、この経験をもとにこんな風に学生に語りかけます。
「誰でも死にたくないでしょう。天国に行きたいと願っている人であっても、天国へ行くために死のうとは思わないでしょう。けれども死というものは、僕たち皆が必ず共有する行き先です。その行き先から逃れることの出来た人間はいません。もちろんそれはそうあるべきこと。僕は死というものが生物にとっての最高の発明だと思えるのです。生命にとって古いものを除去し、新しいものへの道を開拓してくれる変革の担い手でもあります。現在の「新しいもの」とはあなたたちです。それでもあなたたちも、だんだん「古いもの」になっていき、それほど遠くない未来に取り除かれるのです。大げさな表現で申し訳ないのですが、真実です。」

ずっと心に Oh Wow

「僕が若い頃の『ホール・アース・カタログ』という本は驚きのものでした。僕らの世代にはバイブルと言えます。スチュアート・ブランドという人物の作です。スチュアート・ブランドの詩のような文章は、本に命を吹き込んでいました。彼の本は、タイプライターとハサミ、ポラロイドカメラで全て作られていましたが、理想主義的、カッコイイツール、そしてすばらしい考えに満ちあふれる本でした。」

iPhoneの先へ続くビジョンを超えて

「スチュアートとスチュアートのチームは、この『ホール・アース・カタログ』を重版し、ある程度やりきり最終号を出しました。1970年代半ばのことでした。僕は今のあなたたちと同じような年齢でした。最終号の背表紙は、早朝の田舎道の写真でした。あなたが冒険家ならばヒッチハイク中に一度は出会う光景です。背表紙写真の下に『ハングリーであれ。愚か者であれ。』と書かれていました。スチュアートとスチュアートのチームの別れのメッセージでした。ハングリーであれ。愚か者であれ。僕はずっとそうありたいと願ってきました。そして今卒業し、新たな人生を踏み出していくあなたたちに、同じことを願っています。」

Stay Hungry. Stay Foolish. 「ハングリーであれ。愚か者であれ。」

スティーブ・ジョブズはこのスピーチの6年後、2011年10月4日に行われた「iPhone 4S」の発表を見届けた翌日、2011年10月5日午後3時頃、転移していたすい臓癌により、最期の言葉「Oh,wow」を残して天国へ旅立った。享年56歳。
ジョブズのこだわりは、世界中のアップル社員や、アップルを愛するユーザー(エバンジュリスト)によって大切にされています。