贈り物手帖

「歴史が息づく山上の聖地高野山」の和歌山県

「わかやま」の詩で和歌山県を紹介

和歌山県は千二百年の歴史が息づく山上の聖地高野山、紀伊山地の霊場と参詣道など、広大で聖なる世界遺産を有する霊験の地です。

ミシュラン旅ガイド日本版で高野山は三つ星を獲得しています。優れた観光地としての最高の評価は、あなたがその地に立てば一瞬のうちに理解できるでしょう。

高野山のシンボルである、朱色の根本大塔がそびえたつ壇上伽藍(だんじょうがらん)。弘法大師空海が険しい山の上でありながらも、水源など様々な条件を満たした地に伽藍建立の手を最初に入れ、奥之院と共に高野山の聖地として信仰される場所です。

『ありがたや 高野の山の岩陰に 大師はいまだ おわしますなる』
一般社団法人高野山宿坊協会
http://www.shukubo.net/contents/about_koyasan/history.html

戦国武将の多くが高野山に眠ることを望みました。徳川、豊臣、織田、武田、石田、伊達、上杉(これらも一部です)と有名武将ばかり。霊験の地は名だたる戦国武将たちを魅了したのです。

人々の祈りと豊かさを支える霊験の地は、多くの起業家も輩出しています。経営者や起業家が一番多いのが和歌山県。人口100人あたり自営業者が最も多いのは和歌山県で6.99人。江戸時代の紀伊国屋文左衛門に始まり、松下(パナソニック)創業者の松下幸之助など、偉大な経営者をたくさん輩出しています。

紀州藩主から暴れん坊将軍に大出世のねずみ 紀州藩主から暴れん坊将軍に大出世 「余の顔を見忘れたか!」…中略…「成敗!」これで今日もひと安心
なめたらあかん♪なめたらあかん♪のうし なめたらあかん♪なめたらあかん♪ 天性のキャラクターで不動の人気を誇る天童よしみは田辺市出身
平成27年には開創1200年のとら 平成27年には開創1200年 弘法大師空海が開創した高野山、戦国武将が戦いの死後、再会し集う場所
ロンジン・エレガンス賞の体操選手のうさぎ ロンジン・エレガンス賞の体操選手 岩出市出身の田中理恵は最も美しい演技の選手として日本初の受賞
巨匠漫画家の楳図かずおのたつ 巨匠漫画家の楳図かずお 橋本市の広報誌には幻の4コマ漫画「オテンバ日記」が連載されていました
蛇身となった少女清姫の復讐のへび 蛇身となった少女清姫の復讐 思いを寄せた僧の安珍を道成寺で鐘ごと焼き殺そうとする安珍・清姫伝説
明るいナショナル~♪のうま 明るいナショナル~♪ 和歌山が誇る世界の松下幸之助の原点は、夫婦二人三脚の電球ソケット
ポジティブに行けば勝てるのひつじ ポジティブに行けば勝てる 橋本市出身の日本の4番打者筒香嘉智選手、子どもたちへのメッセージ
日本動物大賞GPのパンダ「永明」のさる 日本動物大賞GPのパンダ「永明」 アドベンチャーワールドの永明は25歳で、なんと14頭のパンダの父親
果物の宝石「南高梅」のとり 果物の宝石「南高梅」 南高梅発祥の地で日本一の梅の里「みなべ町」役場にはうめ課が存在!
128年続くトルコと日本の友情のいぬ 128年続くトルコと日本の友情 トルコの人々が今も忘れないエルトゥールル号遭難事件は和歌山人の誇り
世界のニットを変えた男のしし 世界のニットを変えた男 世界が注目する島正博はニット製造機ホールガーメントを世に送り出す