アトリエ蕊紹介

名前の詩が制作されているのは、大分県臼杵市佐志生という海と山に囲まれた、自然豊かな土地。
自然豊かな山と海、美味しい空気、さわやかな風、夜空見上げれば満天の星。
自然いっぱいの臼杵市・佐志生。
そんな佐志生に、日本一小さな小さな村があります。
「佐志生(さしう)工芸村」です。
名前の詩は、アトリエ「蕊」と呼ぶスペースで制作されます。

佐志生工芸村社屋

アトリエ蕊

佐志生工芸村では、世界に一つしかないオリジナル、感動の贈り物を制作しご提供しております。
素材は厳選した漉き場でお願いした手すき和紙やオリジナルな額などこだわりの逸品を使用。
アトリエ「蕊」では作品を摺りおろした墨で、すべて手描きにて作品をお作りいたしております。
大切な方への心に響く贈り物、プレゼントをお探しのあなたへお届けいたします。

アトリエ蕊ロゴマーク

【蕊】「しべ」と読みます。
雄蕊(おしべ)雌蕊(めしべ)の対になっており、花の実を成す器官であります。
佐志生工芸村ではアトリエの名称に「蕊」の名を付けました。
コンセプトは草冠の中に「心」が三つです。

  • 一つ目は「喜びの心」
  • 二つ目は「感動の心」
  • 三つ目は「感謝の心」です。

スタッフ皆で「喜びの心」「感動の心」「感謝の心」をモノづくりの作品(実)を通じて全国の皆様にお届けしたいとの想いからです。

佐志生工芸村

佐志生工芸村の普段見れない、アトリエ「蕊」
「名前の詩」の贈り物の製作風景をご紹介します。

ご注文 お急ぎ便