『毛利達男 名前の詩の贈り物』 ホームページをリニューアルしました

贈り物手帖

縁起物の絵柄

ふくろう

福や幸運の象徴として、世界中で愛されている鳥です。様々な語呂合わせによって縁起を担ぐ際に使われている、人気のある絵柄です。

福来朗
朗らかに福を呼ぶ
福籠
福が籠(こ)もる
不苦労
苦労をしない
福老
老いても福がある・不老長寿
よく回る首は商売繁盛・夜目がとても利くため先まで見渡せる

来福地蔵

福が来ますようにと願いがこめられたお地蔵さん。緑の大地の上で、前に手を合わせてほほえんでいる表情が心を和ませてくれます。やさしい眼差しで見守ってくれそうです。

招き猫

あげる手によって、「お客様とお金を招く」「笑顔があふれる日々が来る」として、商売繁盛の縁起物に大人気の招き猫。愛くるしい表情と細い目はとても親しみがあり、ご家庭やお店、会社などで大いに活躍してくれそうです。

鶴と亀

「鶴は千年、亀は万年」といわれ、古来より縁起物とされています。

だるま

菩提達磨の伝説に由来し、「七転び八起き」で縁起をかつぐだるまは、江戸時代より信仰されてきました。

「めでたい」との語呂合わせから縁起をかつぎ、様々なお祝いに使われています。