『毛利達男 名前の詩の贈り物』 ホームページをリニューアルしました

贈り物手帖

黄色のちゃんちゃんこ

古希や喜寿などに高貴な色の紫色を用い、さらに上の色として黄色が選ばれたといわれています。また文字を分解すると「八十八」となる「米」。その米の稲穂が連想される黄金色や黄色を用い、「金色のちゃんちゃんこ」や「黄色いちゃんちゃんこ」を贈る風習となっています。