子供へのプレゼント

子供へのプレゼント

「名前」、それは生まれてきた子供に願いや想いを込めてお父さんお母さんが最初にプレゼントする
一生の贈り物です。
赤ちゃんの元気な笑顔にすこやかな成長を願って贈るプレゼント。
出産祝いやお宮参り、初誕生日、初節句、七五三などのお祝い、幼稚園入園祝い、小学校入学祝い
卒業祝い、成人祝い、就職祝い・・・。
大切な子供の成長と共に見守り続ける、世界に一つだけのプレゼントはいかがですか。
きっと自分の名前のもつたくさんの意味を大人になって感じる感動のプレゼントです。

こんなシーンで

  • 出産祝いプレゼント

    出産祝い

    赤ちゃんの健やかな成長や様々な願いを込めて、赤ちゃんの名前で作る感動の手作りプレゼント。

  • 子供の成長お祝いプレゼント

    子供の成長

    お宮参り、初誕生日、初節句、七五三。大切な子供の成長と共に見守り続けるプレゼント。

  • 誕生日プレゼント

    誕生日プレゼント

    大切なあの人の喜ぶ笑顔を見たい。感動サプライズ、世界に一つだけの誕生日の贈り物。

子供のお祝いどんな行事がある?

子供が誕生してから小学校入学までの間には、さまざまな行事があります。
地方によっても異なりますが、一般的なイベントをご紹介いたします。

お七夜 誕生日から数えて7日目に、赤ちゃんの誕生と命名披露をして無病息災を願う行事です。
お宮参り 男児は生後31日目、女児は生後32日目に地元の氏神様に赤ちゃんの誕生を感謝し無病息災を祈願する行事です。
いつ行うかはお母さんの体調やお天気の良い時でかまわないとされています。
百日 生後100日目に、食べ物に困らないようにと祈願し赤ちゃんに鯛や煮物などを食べさせる真似をする行事です。
初節句 生後初めての3月3日(桃の節句:女児)、5月5日(端午の節句:男児)に、無病息災を祈願して行う行事。女の子にはひな人形、男の子には鯉のぼりなどを贈ります。
初誕生 満1歳の誕生日に、1歳を無事に迎えられたことへの感謝、無病息災を祈願する行事です。
お餅を赤ちゃんに背負わせる風習があるところもあります。
七五三 男児は5歳、女児は3歳と7歳(地方により異なります)に、氏神様へ子供の将来の幸せを願いお参りする行事です。
入学式 無事に成長した子供の入園・入学を喜んでお祝いをします。子どもが新しい社会へ踏み出す第一歩となります。お祝いのしかたなど、決まったしきたりはありませんが、基本的に親や祖父母など身内で行います。
2分の1成人式 成人の2分の1の年齢である10歳(プレティーン)を迎えたことを記念して行われる日本の行事です。二分の一成人式、1/2成人式とも表記し、十歳式、ハーフ成人式、半成人式とも呼ばれ、近年学校や地域で行われることが増えてきています。
卒業式 高校・大学へと進学し、卒業して就職した事へお祝いします。子どもが高校や大学などを卒業して就職する場合は、これからスタートする新社会人へのお祝いとして身内で食事など行うとよいでしょう
成人式 二十歳の誕生日を迎えた人を成人といいます。 地方公共団体や企業などが、成人に達した人々を招きで祝福する行事を成人式と言います

ギフトサービス

  • 手描き和紙包装紙
  • 完成画像

ご注文はこちら

ご注文 お急ぎ便